05具体的な改善プラン

私は当時の状況を次のように分類しました。

タバコの本数

それまで最低でも1箱(20本)は喫煙していた私にとしては、急激に減らすことは難しいと思いました。ですので、時間をかけてゆっくり、少しずつ本数を減らしていき、半年後にはタバコの本数はそれまでの半分以下にまで減らすことができました。

減煙した方法としては「あえてタバコを携帯しない」「taspoを携帯しない」「喫煙所の側を通らない」「飲食店でも禁煙の席に座る」などを行いました。市販の禁煙グッズも試しましたが、あまり効果がなかったように思えます。タバコは髪だけでなく、体にも良くないですから、止めるにこしたことはないですよね。

シャワー後、髪をかわかさないこと

これは、すぐに実行に移し、ずっと継続しています。開始したはじめの方は習慣化するためにドライヤーで髪を乾かさなかった時は妻に指摘をしてもらうようにしていました。

また、髪を乾かす際、通常のドライヤーだと温度が高すぎて地肌を痛めてしまう可能性が高いため、「低温トリートメントドライヤー」がオススメです。インターネットや家電量販店でも1,000円台から販売しているので、ぜひ活用してみてください。

お酒の量

仕事柄飲みの席の回数を減らすことは難しかったです。ですので、「毎回の飲み会で飲む量」を少しずつ減らしていきました。具体的には「飲むお酒の種類」を変えました。以前はビールが中心でしたので、かなりの量を飲んでいましたが、いまでは「ワイン」や「日本酒」など少し強めのお酒に変え、量をあまり飲まなくてもいい状況を作り出しています。

食事の内容

前述の通り、私はその時の気分で好きなものを食べたい派なので、大きな変化は起こしませんでした。しかし、脂っこいものは量を減らしたり夜はあまり食べないようにしたり、野菜を極力食べるようにしたり心がけるようになりました。また、夜の食事の時間も夜中に食べることが多かったのですが、極力21時前に食べるように心がけるようになりました。

以上のことを私は半年間続けました。それでは、次にその結果どのような変化があったのかをご紹介します。

PAGE TOP